カテゴリー
栄養士のための統計

栄養士のための統計(0)

 どうもギルマスです。前から統計の話をやりたかったのですが、ちょいと栄養ブラウザで統計言語のRを扱う目処が立たなかったので放置していたテーマです。

 栄養士業では統計を使って計算をすることは余りないのかもしれませんが、統計を使った資料はかなりの頻度で目にすると思います。なんやかんや言うて栄養士業務も科学的根拠に基づいて行われます。そして、科学的根拠に基づくに判断は現代では統計の理解がなければ不可能です。とは言え統計がややこしく難しいのは事実です。正直、世の中にはなんとなく統計を使っている研究者も少なくありません。私も統計処理はこれまでも行ってきましたが、完全に理解していたとは言い切れません。多分統計の専門家じゃない場合、そういうもんだとブラックボックスとして扱っている気がします。

 先ほども述べましたが、私も使ってはいましたが、専門家ではないので弱いです。ですのでこのテーマでは統計つかって出てきたデータを読める程度のスキルを身につけるのが目的です。タイトルもあえて「学」は付けません。私のリハビリと栄養ブラウザの開発も兼ねているので歩みはゆっくりですが、少なくともインチキデータに騙されない栄養士になりたいものです。

 参考図書として学校の授業で購入した「管理栄養士・栄養士のための統計処理入門 建帛社」を使います。この本はエクセルでの統計処理が解説してくれてますが、栄養ブラウザで処理しようかなと思います。また、統計というか計算がそもそも苦手な私が以前買って積まれていた「医療統計わかりません!! 東京図書」「わかってきたかも!?医療統計 東京図書」も読んでいきましょう。せっかく購入したものなので有効活用しなければなりません。また、データと栄養に興味ある方は「佐々木敏のデータ栄養学のすすめ 女子栄養大学出版部」は面白いと思うので一読をおすすめします。

 と言いつつ初回は何もしないで終わるのでした。たぶん次はなかなか来ないと思います。教育実習が近いのと、まだ栄養ブラウザ上での統計処理の方法が確立していないからです。レイジーエイジングはいい加減ですが、こちらはちゃんとやりたいですしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です