カテゴリー
食文化

イギリスで生卵が解禁されましたよ

先日、イギリスで生卵を食べるのが解禁されたと言うニュース出てました。これで心置きなくイギリスでもTKGを食べることが出来るわけですね。日本では飼育安全法と食品衛生法の整備と関わる方達の努力により生卵は当たり前すぎて今更感を感じずにいられませんが、海外では未だに生卵が危険な国は少なくありません。で、結局何で生で食べられないかというと、卵の表面に付着している細菌が原因です。どんなに上手く割っても中身が殻の表面に触れてしまいますしね。

と言う事で、生卵の食中毒原因菌であるサルモネラ菌の復習

日本の卵は安全とは言え絶対ではないです。身体が弱っている状態で衛生的によろしくない生卵を食すと割とあっさり食中毒になります。感染型食中毒の中では上位で、年間5千人以上がサルモネラ菌が原因の食中毒に罹患してますし、数人が死亡しています。

グラム陰性 通性嫌気性桿菌。鶏卵が目立つけど、食肉や牛乳にもいる。鶏卵も1個1個の卵と言うより大量に使う卵液がヤバい。とりあえず特殊な強い菌ではありませんので、普通に加熱調理すればまず大丈夫。

実際、サルモネラ菌の食中毒になったら半日くらいから、基本の腹痛、下痢、嘔吐が発症して、更に頭痛と発熱も追加されます。夏に多い食中毒ですが、ちょっとお腹にくる夏風邪と紛らわしいですねぇ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です