カテゴリー
どうでも良い話 食文化

トーストサンドイッチ

トースト・サンドイッチ英語: toast sandwich)は、バタートーストをスライスしたパンで挟み、こしょうで味をつけたサンドイッチである。その原型はイギリスのヴィクトリア朝時代まで遡ることができる。トースト・サンドイッチのレシピは、イザベラ・ビートンの『家政読本 (The Book of Household Management) 』(1861年)に収録されている[1]

英国王立化学会によると、平均的なトースト・サンドイッチのカロリーは330kcalである[2]

wikipediaより抜粋

 

トーストサンドイッチ

旨いかどうかはこの際置いておいて、こう言う発想は大事にしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です